大規模修繕などで住宅をパワーアップ〜パワフル住宅改善センター〜

仕組みを知る

Home environment

太陽光発電の基礎知識

太陽光発電は、最近住宅にまで設置することができ、身近なエコ活動になっています。ポイントは自己の電気をまかなうだけでなく売電するというメリットがあります。取り付け費用や設備費用もピンキリですが容量をしっかり検討することが重要です。安い設備は容量が少なく、太陽光発電を取り入れても自己の使用量が上回っていれば意味を成しません。売電をするならば、原則10年あれば投資対効果があるとされています。 太陽光発電の利用の考え方は、屋根の設置です。日当たりの条件がいいかどうかを検討することが重要です。次に、農業用地の活用で、パネルを並べると発電所のような機能を得られます。 最後の視点として、太陽光発電を導入するならば、オール電化住宅にするとガス代をゼロにすることができます。

中国の太陽光発電

中国は太陽光発電への参入が日本よりも早い一方で、欧米よりは後れを取っていたものの高い利益を上げることに成功した国です。 中国が太陽光発電の分野で強みとしたのは安い価格設定でした。 中国は欧米のソーラーパネル市場に遅れて参入し、どこにも負けることのない安い価格にてライバルに打ち勝ってきました。すでにソーラーパネルは中国企業の土壇場となっており、価格の面で先進国は太刀打ちすることができずにいます。 太陽光発電には必ずソーラーパネルが必要となってくるので、太陽光発電のためにはソーラーパネルを活用しなければなりません。その殆どを抑えているのが中国市場であり、中国に勝とうとする起業はすでに存在しないといえるでしょう。