大規模修繕などで住宅をパワーアップ〜パワフル住宅改善センター〜

依頼するときには

Home environment

工事を依頼するとき

マンションの居住者が所有物件の資産価値を維持したいと考える場合には、日常的な建物の保守点検が必要である。また定期的に大規模修繕を行うことで、50年以上安全で安心できる居住環境を維持できるであろう。また大規模修繕工事を行うためには、居住者全員の理解と協力が必要である。そのためには長期的視野に立って、大規模修繕工事のプランを構築するべきであろう。また施工は良い業者に依頼するのが理想的なので、マンションの管理組合の役員を中心にして、積極的に多数の業者に見積もりを依頼するべきであろう。そして見積もりを比較するときには、単に費用だけではなくて、修繕工事の内容とその効果も吟味して業者を絞り込むべきであろう。

資金計画を立てるとき

マンションの大規模修繕工事では高額な資金が必要になるので、前もって資金計画を立てることが重要である。特に日ごろから修繕費を徴収して、その資金を積み立てるのが理想的である。また徴収する修繕費の金額を設定する場合には、数多くの修繕工事費用の実例を参考にしながら、適切な金額を算出するべきであろう。しかし工事費用が予想以上に高額になった場合には、必要に応じて銀行融資を活用するのが効果的である。その場合には日ごろから取引のある地元の銀行を活用して、低金利のローンを借りるべきであろう。また将来的に修繕工事を無借金で行うためには、修繕費用を値上げするなど、未来に備えて十分な資金を確保するためのプランを構築するべきであろう。