大規模修繕などで住宅をパワーアップ〜パワフル住宅改善センター〜

注意すること

Home environment

クリニック設計をする上で、これらの事に注意しよう。

クリニックを設計する上で、最低限必要な空間や器具などを配置すればそれで済むかと言うと、そんな事はありません。使い勝手のいい建物にするためにはどうすべきか、設計士だけではなく、そのクリニックを使う医師や看護師などが一緒に参加して考える必要があります。 そして、クリニックの設計というものは、他の建築物の場合と比べて非常に特殊です。クリニック設計に特化した、慣れている設計士を選ぶべきです。スタッフ・患者それぞれの動線や器具の配置、設備関係の留意点(給排水や電気の容量など)と言った点は、慣れている人でなければ対処できない場合も多々あるからです。 内装なども、選ぶ際には注意が必要です。吐く患者さんの事を考え、汚れを落としやすい内装にしましょう。子供が遊ぶとけがをするような、折り畳み椅子なども避ける方が懸命です。

患者さんをおもてなしする心地いい空間。

病院、つまりホスピタルは「おもてなし」という言葉が元になっています。患者さんの気持ちを考え、居心地良い空間を作る事がクリニックの設計においては必須です。 まず、患者さんが最初に入る場所であるエントランス、待ち合い、受付などの空間を居心地のいい物にしましょう。狭い空間にたくさんの椅子を置くのではなく、ゆったりとしたソファやベンチを置きます。診療科によっては、患者さん同士が顔を合わさなくてもいいような椅子の配置にすることもあります。 また小児科などの場合は子供の目線に立って、おもちゃを置く場所を確保し、小さなお子さんがハイハイしてもいいように靴脱ぎスペースなども設けるといいでしょう。ベビーカーを置くスペースや、赤ちゃんを一時的に寝かせられるベッド、授乳室、おむつ替え用ベッドなどもあると便利です。